記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ギターだけどベースが決定!

 いまHUMPBACK engineeringの戸田さんにお願いしている僕のNEWギター。ベース(土台)となる個体が見つかったと戸田さんから連絡をいただきました。3TSカラーです。木目が見えないのでバスウッドかな?非常に良い木取りがされていて”滅多に出ない良品”ということだったのでこれでお願いしました。 さてここから外装をイメージします。クライアントとしてはここが楽しい(ビルダーさんを悩ませる)ところです。ペダルのデ...

続きを読む

見ない。触らない。選ばない。ギターの買い方。

1ヶ月くらい新しいギターを選ぶのに彷徨ってましたがようやく決着がつきます。新品:USAルシアー系のハイエンドものを使っていたので、今の新品は40万円以上のものでないとしっくりこない。んな金ない。中古:80年代ジャパンビンテージがすばらしいコスパ。しかし良品はなかなか見つけられない。というわけで難しいギター選びでした。結局、形も音も知らないギターを選びました。それはHUMPBACK engineering のリボーン。僕のお友...

続きを読む

ケースに四角い穴を開ける方法

ネットで調べに調べ、TubeDriverの製作で身につけた技。 まずはサイズを測り、マスキングテープの上からマジックで線を引きます。 その後2mmのドリルでできるだけ隙間なく穴を開けていきます。今回は穴の大きさはアバウトでよかったので線の上に穴を開けていますが、本来は線の内側に開けていきます。ある程度小さく開けて、最後のやすりがけでジャストな大きさに微調整するためですね。 表から見て穴がつながって...

続きを読む

Chandler Tube Driver mini 自作 クローン MOD 2

制作開始では今回の資料。ここからいただきました。Matsumin Tube Driver minihttp://www.matsumin.net/diy/jisaku1/Tube_Driver_mini/index.htmlレイアウト図もここからまるごといただきました。世間的にもTube Driverは4ノブverよりも3ノブverのクローン方がトラブルが少ないということ。そしてできるだけ小さな筐体にしたかったのでこのmini版を選びました。 これはmatsuminさんのところにある回路図。matuminさんも私も結...

続きを読む

Chandler Tube Driver mini 自作 クローン MOD 1

 2006年に松美庵さんがHPで公開したTube Driver miniをDIYしました。初体験の真空管オーバードライブの自作です。結果的に大成功。ちょうど今のプレイスタイルとマッチしたので、この記事を作成現在、メイン歪みペダルとして活躍してます。松美庵インターネット世代以降の日本の自作エフェクター界に大きな影響を与えた、我らが心の師匠 Matsuminこと松美庵さん(http://www.matsumin.net/)。様々なエフェクターを作るだけで...

続きを読む

パーツ選びについて

最近の定番技。音声ライン抵抗:KAMAYA カーボンコンポジット抵抗フィルムコンデンサ:Panasonic ECQB(もしくはECQV)、AVX BF/BQ電解コンデンサ:ニチコン FG、muse ES制御/フィルタ系抵抗:汎用金皮抵抗発振防止orフィルタ系pfコンデンサ:硬い音を狙うなら汎用セラコン、ハイファイを狙うならシルバーマイカコンフィルムコンデンサ:汎用マイラコン電源系抵抗:汎用金皮抵抗電解コンデンサ:日本ケミコン KZE(高周波平滑用 低...

続きを読む

Suhr Riot Distortion クローン 自作

 高い電気技術で他の自作ッカーとは違う実験やペダル作りをしているガレスタさん。彼からいただいたSuhr Riot Distortionの基盤を組んでみました。 ガレスタさんについて僕なんかは自作エフェクターをするから電気の基本を狭い範囲で勉強し始めましたが、彼の場合はプロのエンジニアを目指して学校で本格的な技術を学んでいるので、私とはレベル、というか方向性が全く違います。困ったときはいつも助言をくれるので頼り...

続きを読む

プロフィール

KeigoWorks

Author:KeigoWorks
自作エフェクターとかDIYとかのブログです。
ハードコアパンクバンドでギターを弾いているので、基本的にハイゲインな歪みものが好物です。アンビエント/ノイズも好きなのですが、空間系は市販品のデジタルものが最高です。
最近はロードバイクも楽しんでます。

「なにかを作ること、直すことができる」。これがもっと多くの人にとって当たり前であれば
地球を枯渇させるほどの大量消費、物欲を満たすためだけの労働、富の独占 など世界の多くの問題に光が射すはずだと信じています。

検索フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。