記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOGNER RED クローン ケース制作

もう完成しているBOGNER REDのクローン。
http://diy4life.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
当初の予定ではノブ11個、トグルスイッチ1つ、フットスイッチ3つがずらりと並ぶ大掛かりなものでした。
BOGNER REDの他にもう一つプリアンプを搭載してクリーンチャンネルも装備してやろうと思ってたんです。
そのころのケース設計がこちら。板金屋さんから見積もりをもらうところまで行ってたのですが納期が折り合わずキャンセルしました。残念。
(※画像にはカラーデザイン用のレイヤーを加えています。)
寸法B_156mm

ちなみにこのケースをお願いするはずだった板金屋さんは
ネットで探した中で最も低価格。さらに担当者さんがギタリストなのである程度お任せでき、このような素人が作った図面でも快く受けてくれたこちらにしました。
オーダーメイドの箱屋さん
http://www.hacoya-sun.com/
さすがに人気があるようで、年末にはオーダーが殺到していて数週間待ちとなっていました。すごくおすすめです。
オーダーの内容にもよりますが見積もりは他社より1万円以上安かったです。
他社はエフェクターに必要な強度が理解できていなかったり、別途で図面の清書代金が必要でした。
次回、板金をお願いするなら絶対にここを選びます。

さてさて、納期の数週間が待ちきれず手持ちのケースで制作することにした僕。
なにかないかと探してみたら、あるじゃないですか、某楽器店ジャンクコーナーから拾い出したもの。
images.jpg
これを¥980で購入して
11220910_10205193317498645_8328670054927912095_n.jpg
当時加入していたバンドのイメージで装飾していたのですが、バラしました。(こちらのブログを参考にハイファイMODしてました。http://kjc-guitar-betta-taro.at.webry.info/201312/article_15.html


さあ、バイク系のHPを参考にキャンディ塗装に初挑戦。
狙うは大人っぽいキャンディレッドです。
fc2blog_20160112232838340.jpg
まずは100均のパテで穴を埋め、#600のペーパーでできるだけ表面の塗装を落とします。
fc2blog_20160112232842bff.jpg
そして設計図通りに穴あけをして、プライマー。
本当はここで塗装を完璧に落とさなければいけませんでした。あとでサーフェーサーを拭いても梨地肌とペイント痕が取れず苦労しました。文字が凸凹として浮いてくるんです。
fc2blog_20160112232845955.jpg
プライマーは最強のミッチャクロン。サーフェイサーはタミヤの。
fc2blog_20160112232848072.jpg
深夜。野外でやります。
↓プライマー
↓サーフェーサー
↓#2000ペーパーで研ぎ
↓サーフェーサー
↓#2000で研ぎ
↓黒
↓#2000で研ぎ
↓シルバー
↓#2000で研ぎ
↓シルバー
fc2blog_20160112232905e0a.jpg
で、ここまで。後で後悔しますがここでもっとシルバーを贅沢にたっぷりかけておく必要がありました。ムラはわざとです。
続いて
↓クリア
↓#2000で研ぎ
↓クリア ※クリアレッド前にクリアで表面をできるだけフラットにするのがバイク塗装の基本だとか。
↓#2000で研ぎ
↓キャンディレッド
↓クリア
fc2blog_20160112232915aec.jpg
最初のクリアを吹いて、1日乾したのですがまだ溶剤の臭いがしたので待ちきれずオーブンでチン。
これは気休めですね。でもカッチカチにクリアが乾かないと触れることもできないためヤキモキしました。
↓#4000コンパウンドで磨き
↓クリア
↓#4000コンパウンドで磨き
完成!(ハアハア…パトラッシュ、もう疲れたよ…)
fc2blog_2016011223291028c.jpg
鉄道模型の自作HPを参考にインレタを貼ります。この方法なら塗膜を傷めずに正確に位置決めできます。
白のインレタはギャレットオーディオさんから購入。
fc2blog_2016011223291968e.jpg
で、ひとまずここまで。
中、まる3日はこれにかかりっきりで合計5日間以上かかってます。
実物は画像よりもっと黒に近い、キャンディというよりBlood REDです。
もっとシルバーをしっかり吹いておけばよかった。当初のイメージよりだいぶ暗いトーンになってしまった。
IMG_2092.jpg
ちょっとリッチな黒いノブも用意したんですが暗くなりすぎて怖い。
スラッシュメタルやデスメタル的というか。あとサイズも小さくて寂しい。
fc2blog_20160112210656133.jpg
結局ノブはシルバーとクリアに落ち着き完成。
ノブだけで表情が変わりますよね。今回は自分のブランドのロゴを入れ忘れたのでノブ選びがルックスを左右します。


以上。ケースの加工の記録です。
¥980(ジャンクという名の在庫処分価格)でケースとフェイザー回路がついてくるんだからBEHRINGERはコスパ高し。
大型の板金ケースを探している人は狙い目です。強度も十分。国内通販だとサウンドハウスさんが最安かな。
VP1 Vintage Phaser
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/19351/
これも使えるね。
VT911 Vintage Tube Overdrive
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/119751/
量産品を流用するスタイルは僕の個性だな、と思います。
0から自作するのももちろんいいのですが、
こういうのは「してやったり(ニヤリ)」な気分になります。
case_.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KeigoWorks

Author:KeigoWorks
自作エフェクターとかDIYとかのブログです。
ハードコアパンクバンドでギターを弾いているので、基本的にハイゲインな歪みものが好物です。アンビエント/ノイズも好きなのですが、空間系は市販品のデジタルものが最高です。
最近はロードバイクも楽しんでます。

「なにかを作ること、直すことができる」。これがもっと多くの人にとって当たり前であれば
地球を枯渇させるほどの大量消費、物欲を満たすためだけの労働、富の独占 など世界の多くの問題に光が射すはずだと信じています。

検索フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。