記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Electro-Harmonix Metal Muff

1457756_10203516519099733_5883093713120743498_n.jpg
riotを売却して買った。これは良かった。BOSS METAL ZONEとは違う'80メタルサウンドで、耳をつん裂く高域とマッシブに振動する低域が魅力。
riotとは正反対で、コンプレッションされて多少のピッキングムラなら隠してくれる。ヘタっぴ対策というよりは、一定の音圧でリフを聴かせることができる効果だと思う。なんでもかんでもダイナミクスが大きい方がいいわけではない。
JCM2000のクリーンchで使って、迫力のある中低域が魅力。初めて自分の音でトランスした記念の一台でもある。この体験から僕は歪みサウンドとサイケデリック(状態)の関係性に気づき始めることができた。
当時これを使っていたパンクバンドはパワーコードが主だったため重厚なメタルサウンドが合わず、またこれも売却してしまった。このことからパンクと'80メタルに求められる歪みが違うことも分かった。非常に勉強させてもらえた逸品。
いつかクローンを作ろう。
http://www.kcmusic.jp/ehx/metal-muff.html

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KeigoWorks

Author:KeigoWorks
自作エフェクターとかDIYとかのブログです。
ハードコアパンクバンドでギターを弾いているので、基本的にハイゲインな歪みものが好物です。アンビエント/ノイズも好きなのですが、空間系は市販品のデジタルものが最高です。
最近はロードバイクも楽しんでます。

「なにかを作ること、直すことができる」。これがもっと多くの人にとって当たり前であれば
地球を枯渇させるほどの大量消費、物欲を満たすためだけの労働、富の独占 など世界の多くの問題に光が射すはずだと信じています。

検索フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。