記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chandler Tube Driver mini 自作 クローン MOD 2

制作開始
では今回の資料。ここからいただきました。
Matsumin Tube Driver mini

レイアウト図もここからまるごといただきました。世間的にもTube Driverは4ノブverよりも3ノブverのクローン方がトラブルが少ないということ。そしてできるだけ小さな筐体にしたかったのでこのmini版を選びました。

schematic-1.gif 
これはmatsuminさんのところにある回路図。matuminさんも私も結果的にこれとは少し違う仕様になっています。自作、 DIYの魅力はこういう工夫にありますね。

さて、Tube Driverの仕組みをば。入力された音信号はローパス&ハイパスフィルターで音を整えられてからopampの入力バッファーを通り、さらにopamp2回路めでゲインアップ。12AX7でさらにゲインを持ち上げて、最後にトーンを通ってマスターボリュームでOUT。この真空管を除けばめちゃくちゃシンプルなオーバードライブです。

matsuminさんも書いていますが、このまま組むとopampでけっこう歪んでしまいます。つまりオーバードライブの音のほとんどがopampの音になってしまうんです。ノイズも少なくて良いんですが、それじゃあ真空管なんていう面倒くさくて高額な部品を使う意味がありません。

できるだけクリーンな音のまま増幅させ、真空管のみで歪ませたい。これをテーマにMODに挑戦します。結果的には大成功したのですが、初めて扱う真空管の挙動を把握するまで様々なトラブルに見舞われました。しかしそのひとつひとつをクリアしていくことでノウハウを得ることができ、最終的には自分なりのカスタムを加え、(多分Matsuminさんよりも)高レスポンスの良音ODになったと思います。

続く

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KeigoWorks

Author:KeigoWorks
自作エフェクターとかDIYとかのブログです。
ハードコアパンクバンドでギターを弾いているので、基本的にハイゲインな歪みものが好物です。アンビエント/ノイズも好きなのですが、空間系は市販品のデジタルものが最高です。
最近はロードバイクも楽しんでます。

「なにかを作ること、直すことができる」。これがもっと多くの人にとって当たり前であれば
地球を枯渇させるほどの大量消費、物欲を満たすためだけの労働、富の独占 など世界の多くの問題に光が射すはずだと信じています。

検索フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。