記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニアフィールド ベースアンプ その4

この記事は2009年、mixiで書いていたものを転載したものです。


37893965_2949459960.jpg

バッフルカバーを磨け!

エンクロージャーのボンドを乾かしている間に次、いきましょ。

今回使用しているスピーカーユニットは
バッフル板(アンプの顔になる、真正面の板。スピーカーが付く板です)
の裏に設置しないといけない特殊なタイプです。
完成した後は、木の穴の奥からスピーカーが覗いているという貧相な感じになりそうだったので、
どうせなら遊び心を取り入れよう、と決意。
見た目がかっこよくなるようにバッフルカバーを作ります。

ハンズで売っている「木のハガキ」シリーズからエボニーをチョイス。
この材料探しにはハンズの人も協力してくれて、最良なものをチョイスしました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KeigoWorks

Author:KeigoWorks
自作エフェクターとかDIYとかのブログです。
ハードコアパンクバンドでギターを弾いているので、基本的にハイゲインな歪みものが好物です。アンビエント/ノイズも好きなのですが、空間系は市販品のデジタルものが最高です。
最近はロードバイクも楽しんでます。

「なにかを作ること、直すことができる」。これがもっと多くの人にとって当たり前であれば
地球を枯渇させるほどの大量消費、物欲を満たすためだけの労働、富の独占 など世界の多くの問題に光が射すはずだと信じています。

検索フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。